車買取価格の相場

相場を把握する方法

家族で車で乗る画像

 

乗っている車を少しでも高く売りたい場合は、できるだけ多くの車買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

 

複数の車買取業者に査定してもらうことが車の高価売却ができ繋がる理由としては、単にオークション形式に売価金額を上げていくことができるだけではありません。

 

もちろん、オークション形式に競争してもらうことができるというメリットはあります。

 

それ以上にそれぞれの車買取業者から提示された査定額を参考にこれから売ろうとしている車の相場が分かることが高く車が売れることに繋ってきます。

 

 

また、乗っている車を個人売買で売ろうと考えている場合も乗っている車の相場を知ることが大事になります。

 

個人で車を売る場合は車買取業者に車を買取ってもらう場合と違って業者に対して中間マージンを支払う必要がありません。

 

相場を知るためには複数の車買取業者に査定をしてもらうのではなく、中古車販売店で販売されている車の金額を見て売り値を決めていくと良いでしょう。

 

売ろうと考えている車の相場を知る場合に注意が必要になってくるのが、売ろうとしている車の相場が日本全体で見た相場なのか、地域で見た相場なのかということです。

 

同じ車種で同じ性能の車でも地域によって需要は異なってくるため、車を売ろうと考えている地域によって相場は変わってきます。

 

ただし、今は流通が発達しているため、個人売買でも住んでいる地域外の人を対象として車を売ることもできます。

 

 

車の査定をする査定士の存在

車を売る場合に車買取業者や中古車販売店で車を売る場合は、中古車査定士という肩書を持った人が車の査定をする場合があります。

 

中古車査定士というのは資格制度として認定されている肩書きなので、信頼できる中古車査定士がいる車買取業者や中古車販売店で車を売ることをおすすめします。

 

中古車査定士というのは、中古車査定に関する知識を一定以上身に付けて、実際に公平な査定をすることができる能力を持っていることが証明されている人のことです。

 

試験を受けるためには知識と実技の試験に加えて講習も受ける必要があるため、中古車査定士に対しては一定の信頼度を持つことができます。

 

 

しかし、車買取業者や中古車販売店の中には中古車査定士の資格を持っていないスタッフに車査定士という肩書を与えているところも多いです。

 

中古車査定士の資格を持っていないスタッフと持っているスタッフが分からないこともあります。

 

少しでも厳正に車の査定してもらいたいならやはり中古車査定士に車の査定をしてもらう必要があります。

 

中古車査定士がいるかどうかというのは問い合わせで確認するのが確実な方法と言えるでしょう。

 

もちろん、査定の経験が多いスタッフになると中古車査定士以上に公平で厳正な査定をするスタッフもいます。

 

査定してくれるスタッフがどれくらい査定の腕が良いのかは車を売る側からすると分かり得ない情報なので、やはり中古車査定士がいるお店で車を売りたいものです。

 

 

車に合わせた売り方をする

家族で車で乗る画像2

 

車にはいろいろな車種がありますが、それぞれの車種にメーカーの思いが込められています。

 

見た目を重視している車もあれば、燃費を重視している車もあるように、一言で車と言っても車によって特徴が変わってくるため、自然と求める車は人によって変わってくることになります。

 

そのため、自分が乗っている車を売ろうと考えている場合は乗っている車の特徴に合わせた車の売り方をする必要があります。

 

車によって需要が増える時期や売りやすい方法は変わってくるので、まずは乗っている車の特徴を知ることが大事です。

 

 

例えば、四輪駆動の車に乗っている場合に売りやすい時期と言えば雪が増える冬だというのはイメージしやすいと思います。

 

冬に売ったのでは遅いので、この場合は晩秋が車を売るタイミングとしてはベストな時期と言えます。

 

反対に夏の車と言えばオープンカーと言うイメージがあります。

 

オープンカーは4月頃から十分に楽しめる車なので、夏に売るのではタイミングが遅く3月〜4月頃が売りやすい時期と言えるでしょう。

 

安価な軽自動車に乗っている場合は運転免許を取得した人が練習用として購入する確率が高いため、運転免許の取得者が増える冬〜春が車を売るタイミングとしては良い時期だと思います。

 

このように乗っている車がどの時期に売りやすいかということも考えながら、車の売却準備を進めていくと本来の金額よりも車を高く売れる可能性が高くなります。

 

 

車を売る注意点

車は家に次ぐ高価な買い物だと言われていますが、住宅ローンと言われる住宅を購入するためのローンがあるように、車を購入するためのマイカーローンやオートローンなども多く用意されています。

 

これは車のための専用ローンも用意されているくらい高い買い物になることが多いということでもあります。

 

しかし、住宅と違って車は消耗品という部類に入ってくるため、車を日頃からよく乗っている人からすると人生の中で何度も車の乗り換えが必要になります。

 

それだけ車の乗り換えが必要になるということはお金もそれなりに発生するということでもあります。

 

 

毎回新車を購入する人もいますが、一家に何台も車を所有する時代になっていることに加えて、車の金額はまだまだ高価ということから中古車を購入して乗っては売ってという形を取っている人も多くいるのではないかと思います。

 

車の金額がもともと高いということもあって車を売る場合は買取る業者や人によって売れる金額が大きく異なるのが普通です。

 

中古車を売る人が多いということから中古車市場は昔に比べると活発化している昨今にあります。

 

それだけ車を購入する人も多いということなので、車を売る場合は少しでも市場価値かそれ以上の価値で車を売りたいものです。

 

車の売り方と言えば、新しい車を購入する際に販売店に買取ってもらうというのが一昔前の一般的な方法でした。

 

最近は昔に比べて車の売り方が増えたため、必ずしも車の販売店に車を売る必要はありません。

 

中古車市場は車を売る側よりも車を買取る側が優位になりやすいと言われています。

 

これは車を売る側に比べると車を買取る側の方が、車の仕組みや査定のポイントをよく知っているということでもあります。

 

この両者の知識の差を利用して悪質な車の買取をする車買取業者も多いため注意する必要があります。

 

最近はインターネットの普及で車の個人売買も可能になりましたが、個人売買によるトラブルが増加しているため、自分で車を売る場合は注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

更新履歴